おまとめローンにするか、個人再生にするかどちらが楽?

おまとめローンにするか、個人再生にするか、どちらが楽かというと、やはり個人再生のほうでしょう。借金の元本までも大幅に減らせるので、毎月の返済負担が大きく減らせます。ただし、個人再生では100万円以下にまで減額ができませんので、それなりに大きな借金がある人でないとメリットがありません。

例えば、借金が500万円ある人なら、個人再生をすることで、借金を100万円まで圧縮できます。弁護士費用などで50万円程度がかかるので、メリットは350万円くらいになるでしょう。500万円の借金を普通に返済していたら、利息も含めると700万円以上になってしまうかもしれませんので、実際にはそれ以上のメリットがあります。

3社から200万円、200万円、100万円をそれぞれ借りていて、合計500万円の借金があったとします。おまとめローンをしても、借金は500万円のままですが、金利を大きく下げることができます。500万円の借金を1社にまとめて、金利が4.5%くらいになったとしたら、利息の負担を大きく減らせるでしょう。

おまとめローンと個人再生では、後者のほうがはるかに返済の負担が小さいです。しかし、債務整理は契約違反になってしまうということに注意が必要です。重大な契約違反なので、5年~10年くらいの長い期間、ブラックリストにのってしまい、信用が大きく低下してしまいます。借金に連帯保証人がいる場合には、連帯保証人になってくれている人に迷惑がかかります。総合的には、みずほ銀行おまとめローン金利など低金利おまとめローンのほうがおすすめができます。

家を売る契約について

家を売る契約で重要なのは二種類
家売る方法は家を買うこと以上になかなか機会がないものです。ただでさえ人生最大の買い物となる住宅の購入ですから、それを売却するということは機会がなくて当たり前ですから、不安、疑問点が多いのもまた当然のことでしょう。
実際住宅を売却する場合には、大きく分けて二種類の契約が登場します。売買と媒介です。売買はもちろん家を売買することそのもので、媒介は不動産業者に仲介をお願いすることになります。不動産を売る場合は売り先が決まっていないことが多く、買主を探してもらう場合は媒介をお願いすることになるわけです。

媒介契約にも種類がある
そして、この媒介についても大きく3つ、一般、専属、専属専任の種類に分かれます。これらにはそれぞれメリット、デメリットがあります。
まず、一般は同時に複数の業者と結ぶことができる点が最大の特徴です。その代わり、不動産指定流通機構という公益法人が運営する物件情報を交換するシステムへの登録義務が無く、また売主への販売活動報告も義務とはなっていません。
次に専属ですが、こちらは複数の業者と結ぶことができないものとなっています。ただし、自ら買主を見つけることは可能です。そして、2週間に1回以上は販売活動状況の報告義務があり、先ほどのシステムへの登録も義務となっています。
最後の専属専任ですが、こちらは専属と同様なのですが、一点、自ら買主を見つけることも禁止されているのが違う点です。
後者になればなるほど良いようには見えますが、複数の業者と契約を結ぶことができないため、業者選びには信頼おけるところを選ぶ必要が出てきます。状況に応じてどのタイプを選ぶのか慎重に決めるようにした方が良いでしょう。

脱毛器Q&A・やっぱり痛いの?

家庭用脱毛器の心配点としてはやはり痛いのではないかということでしょう。
自己処理としてカミソリを選んでいた理由として手軽であり痛みがないというのもあったのではないでしょうか。
確かにカミソリに比べると家庭用脱毛器は痛みを伴います。
それほどの痛みではない、と言いたいところですが耐えられないと感じる人も中に入るようです。

ゴムをはじいたような痛みが一瞬ある、とはよく表現として例えられます。
ところがゴムをはじいたというのはどのくらいの強さなのかわかりにくいでしょう。
簡単に言えば毛抜きで毛を一本抜いたときのような痛みになります。
メラニン色素に赤外線の照射が反応した時にその痛みを感じます。
ということは照射を行うときに一度感じるというものではなく、毛穴に作用するたびにその痛みがあることになります。
連続したその痛みが続くことが耐えられないと感じる人はいるようです。
販売を目的として痛みの少なさを過大表現しているところもあるようですがそうではないということは覚えておきましょう。
痛みが少ないと思って購入するには金額が安くはありません。

ただし、痛みを軽減する方法はいくつかあります。
まず、乾燥していない肌に使用すること。
そして照射が反応する部分を少なくすること。
照射が反応する部分とはメラニン色素、つまり体毛になります。
体毛が長くなっていればそれだけ痛みが強くなりますので予めカミソリなどで体毛を短くしておいた方がよいでしょう。
【脱毛器モール】脱毛器人気ランキング永久保存版!コスパNO1は?はこちら

抵当権について:土地を担保にお金を借りる方法

土地を担保にお金を借りる方法としては、土地に抵当権を設定する方法があります。
抵当権とは借入の際に不動産に設定する担保のことです。
抵当権を設定されたとしても本来の持ち主は変わらず使用し続けることが出来るため建物や土地を立ち退かず担保に入れることが出来る点で優れています。抵当権の設定自体は双方の意思表示があれば成立しますが、第三者に対抗するため抵当権者が誰であるのかを登記しておくのが一般的です。複数の抵当権が設定出来ますが、その場合担保として回収出来る優劣の順位がつけられるようになります。

土地を担保にお金を借りる場合には、借入したい金融機関に土地を担保にして融資を受けたいと相談し、金融機関側でその土地を担保にするという条件でいいと承諾される必要があります。
土地を担保とするため、その土地の価値を専門家に査定してもらう、路線価で調べるなどの手間が必要ですし、金融機関側でも綿密な協議のうえ決裁が下りなければ貸せませんので、素早い融資を受けるのは少し難しいかもしれません。また、既に他の金融機関から同じ土地に抵当権を設定し借入をしている場合には、次に抵当権を設定する場合その抵当権者は二番抵当権者となってしまうため通らない可能性も考えられます。二番抵当権者は一番抵当権者に担保回収の順位で劣るため、まったく債権を回収できない可能性があるためです。
特に住宅ローンを利用中の方は要注意で、通常住宅ローンは土地や建物に抵当権を設定している場合が多いですから今すぐお金を借りる方がいいでしょう。

全身脱毛しても生えてくる!いったい何故?

全身脱毛してもムダ毛が生えてくるとしたら、いったい何故かと疑問に思うことでしょう。

空前の脱毛ブームが到来をしています現代では、最初から部分脱毛ではなく、全身脱毛を契約してツルツルを目指す人が増加をしています。エステサロンでも全身脱毛を専門としているサロンが増えていますので、全身のムダ毛の脱毛は、今では全く珍しいことではなくなりました。しかもエステサロンでの全身契約の脱毛でしたら、医療系の脱毛よりもかなり安くなります。

そんな費用的にも助かるエステサロンで全身脱毛をしたのにも関わらず、そのあとにも毛が生えてくるという事態が起こったら、脱毛を完了させたはずなのに、どうしてだろうという、疑問と不安は湧き上がってきても当然でしょう。ここにはエステサロンならではの理由があり、それがムダ毛の再生を許可していることになります。

脱毛サロンは美容を目的としているサービス施設であって、医療の病院とは違います。美しくなるためのてd助をするスタッフは、エステティシャンたちの存在であり、看護師やお医者様ではありません。エステサロンでお客さんの脱毛に使うことが出来るのは、エステの美顔器レベルのマシン飲みが、エステでの使用を許可されています。

エステの脱毛機器は照射ができる力が弱いために、厳密に言うと脱毛ではなく、結果は減毛の効果しか導き出すことができません。そのためエステサロンでの全身脱毛を行ったとしても、数年したら数本の毛が生えることは、ありえることなのです。