脱毛器Q&A・やっぱり痛いの?

家庭用脱毛器の心配点としてはやはり痛いのではないかということでしょう。
自己処理としてカミソリを選んでいた理由として手軽であり痛みがないというのもあったのではないでしょうか。
確かにカミソリに比べると家庭用脱毛器は痛みを伴います。
それほどの痛みではない、と言いたいところですが耐えられないと感じる人も中に入るようです。

ゴムをはじいたような痛みが一瞬ある、とはよく表現として例えられます。
ところがゴムをはじいたというのはどのくらいの強さなのかわかりにくいでしょう。
簡単に言えば毛抜きで毛を一本抜いたときのような痛みになります。
メラニン色素に赤外線の照射が反応した時にその痛みを感じます。
ということは照射を行うときに一度感じるというものではなく、毛穴に作用するたびにその痛みがあることになります。
連続したその痛みが続くことが耐えられないと感じる人はいるようです。
販売を目的として痛みの少なさを過大表現しているところもあるようですがそうではないということは覚えておきましょう。
痛みが少ないと思って購入するには金額が安くはありません。

ただし、痛みを軽減する方法はいくつかあります。
まず、乾燥していない肌に使用すること。
そして照射が反応する部分を少なくすること。
照射が反応する部分とはメラニン色素、つまり体毛になります。
体毛が長くなっていればそれだけ痛みが強くなりますので予めカミソリなどで体毛を短くしておいた方がよいでしょう。
【脱毛器モール】脱毛器人気ランキング永久保存版!コスパNO1は?はこちら