抵当権について:土地を担保にお金を借りる方法

土地を担保にお金を借りる方法としては、土地に抵当権を設定する方法があります。
抵当権とは借入の際に不動産に設定する担保のことです。
抵当権を設定されたとしても本来の持ち主は変わらず使用し続けることが出来るため建物や土地を立ち退かず担保に入れることが出来る点で優れています。抵当権の設定自体は双方の意思表示があれば成立しますが、第三者に対抗するため抵当権者が誰であるのかを登記しておくのが一般的です。複数の抵当権が設定出来ますが、その場合担保として回収出来る優劣の順位がつけられるようになります。

土地を担保にお金を借りる場合には、借入したい金融機関に土地を担保にして融資を受けたいと相談し、金融機関側でその土地を担保にするという条件でいいと承諾される必要があります。
土地を担保とするため、その土地の価値を専門家に査定してもらう、路線価で調べるなどの手間が必要ですし、金融機関側でも綿密な協議のうえ決裁が下りなければ貸せませんので、素早い融資を受けるのは少し難しいかもしれません。また、既に他の金融機関から同じ土地に抵当権を設定し借入をしている場合には、次に抵当権を設定する場合その抵当権者は二番抵当権者となってしまうため通らない可能性も考えられます。二番抵当権者は一番抵当権者に担保回収の順位で劣るため、まったく債権を回収できない可能性があるためです。
特に住宅ローンを利用中の方は要注意で、通常住宅ローンは土地や建物に抵当権を設定している場合が多いですから今すぐお金を借りる方がいいでしょう。