家を売る契約について

家を売る契約で重要なのは二種類
家売る方法は家を買うこと以上になかなか機会がないものです。ただでさえ人生最大の買い物となる住宅の購入ですから、それを売却するということは機会がなくて当たり前ですから、不安、疑問点が多いのもまた当然のことでしょう。
実際住宅を売却する場合には、大きく分けて二種類の契約が登場します。売買と媒介です。売買はもちろん家を売買することそのもので、媒介は不動産業者に仲介をお願いすることになります。不動産を売る場合は売り先が決まっていないことが多く、買主を探してもらう場合は媒介をお願いすることになるわけです。

媒介契約にも種類がある
そして、この媒介についても大きく3つ、一般、専属、専属専任の種類に分かれます。これらにはそれぞれメリット、デメリットがあります。
まず、一般は同時に複数の業者と結ぶことができる点が最大の特徴です。その代わり、不動産指定流通機構という公益法人が運営する物件情報を交換するシステムへの登録義務が無く、また売主への販売活動報告も義務とはなっていません。
次に専属ですが、こちらは複数の業者と結ぶことができないものとなっています。ただし、自ら買主を見つけることは可能です。そして、2週間に1回以上は販売活動状況の報告義務があり、先ほどのシステムへの登録も義務となっています。
最後の専属専任ですが、こちらは専属と同様なのですが、一点、自ら買主を見つけることも禁止されているのが違う点です。
後者になればなるほど良いようには見えますが、複数の業者と契約を結ぶことができないため、業者選びには信頼おけるところを選ぶ必要が出てきます。状況に応じてどのタイプを選ぶのか慎重に決めるようにした方が良いでしょう。