おまとめローンにするか、個人再生にするかどちらが楽?

おまとめローンにするか、個人再生にするか、どちらが楽かというと、やはり個人再生のほうでしょう。借金の元本までも大幅に減らせるので、毎月の返済負担が大きく減らせます。ただし、個人再生では100万円以下にまで減額ができませんので、それなりに大きな借金がある人でないとメリットがありません。

例えば、借金が500万円ある人なら、個人再生をすることで、借金を100万円まで圧縮できます。弁護士費用などで50万円程度がかかるので、メリットは350万円くらいになるでしょう。500万円の借金を普通に返済していたら、利息も含めると700万円以上になってしまうかもしれませんので、実際にはそれ以上のメリットがあります。

3社から200万円、200万円、100万円をそれぞれ借りていて、合計500万円の借金があったとします。おまとめローンをしても、借金は500万円のままですが、金利を大きく下げることができます。500万円の借金を1社にまとめて、金利が4.5%くらいになったとしたら、利息の負担を大きく減らせるでしょう。

おまとめローンと個人再生では、後者のほうがはるかに返済の負担が小さいです。しかし、債務整理は契約違反になってしまうということに注意が必要です。重大な契約違反なので、5年~10年くらいの長い期間、ブラックリストにのってしまい、信用が大きく低下してしまいます。借金に連帯保証人がいる場合には、連帯保証人になってくれている人に迷惑がかかります。総合的には、みずほ銀行おまとめローン金利など低金利おまとめローンのほうがおすすめができます。